【コーヒーの抽出方法】透過式と浸漬式とはどういうもの?

コーヒーにはドリップコーヒー・エスプレッソコーヒー・フレンチプレスなど様々な種類がありますよね。

ではその違いは何になるのかというと、その抽出方法の違いになります。

同じコーヒー豆を使っても抽出方法の違いによりこうしたコーヒーの出来上がりの名称が違ってくるのです。

今回は特に普段飲まれる事の多いハンドドリップ・エスプレッソ・フレンチプレスの三つのコーヒー、この抽出方法の違いについて解説していこうと思います。

色々なコーヒーの種類があるけど違いが良く分からないといった方は是非最後まで記事を読んでいって下さい。

contents

  • コーヒーの抽出方法は大きく分けて二種類
    • 透過式
    • 浸漬式
  • ハンドドリップの抽出方法
  • エスプレッソの抽出方法
  • フレンチプレスの抽出方法

‹広告›

コーヒーの抽出方法は大きく分けて二種類

先ほども軽く紹介しましたがコーヒーには様々な名称のコーヒーがあります。

しかしその抽出方法は大きく分けて「透過式」「浸漬式」の二つの抽出方法に分類されます。

漢字のニュアンスから想像が付くかもしれませんが、これからそれぞれどういったものなのかを解説していきます。

透過式

「透過式」は(とうかしき)と読みます。

この抽出方法の特徴としてはコーヒーにお湯を通して、その通過する過程でコーヒーの成分がお湯に移るといったものになります。

またそのどのようにしてお湯を通すかによってコーヒーの種類や味、香りなどが変わってきます。

浸漬式

「浸漬式」は(しんししき)と読みます。

この抽出方法の特徴はコーヒーの粉をお湯に浸ける事で、コーヒーの成分がお湯に溶け出し移るといったものになります。

この方法ではコーヒー粉の粒度、また浸ける時間によって味や香りが変化します。

ハンドドリップの抽出方法

それではハンドドリップの抽出方法の特徴について見ていきます。

ハンドドリップは先ほど説明した二種類の抽出方法のうちの『透過式』に当たります。

ペーパーフィルターと装着したドリッパーにコーヒー粉を入れ、上からお湯を注ぎコーヒーの成分の溶け出したお湯を下に落として抽出方法します。

お湯を注ぐスピードやどのぐらい時間をかけてハンドドリップするかによってコーヒーの出来上がりが左右される為、技量や個人によって味の差が生まれやすいです。

ただ逆に言えばそういった速度や時間を調整することで、コーヒーの味をコントロールする事ができるのもハンドドリップの大きな利点になります。

エスプレッソの抽出方法

続いてはエスプレッソの抽出方法です。

エスプレッソはハンドドリップ同様『透過式』による抽出方法になります。

ただその違いとしてはハンドドリップは単に上からお湯を注ぐだけでしたが、エスプレッソの場合はお湯を通過させる際に圧力をかけて凝縮されたコーヒーを抽出するものになります。

その為、圧力をかける為にハンドドリップとは違いエスプレッソを抽出するには専用のエスプレッソマシンが必要になってきます。

その点では家庭で飲むのには少しハードルが上がってしまうかもしれません。

ただ短時間で抽出した凝縮された香り高いエスプレッソにはファンも多く、家庭用エスプレッソマシンを購入しておうちで楽しんでいる方も多いです。

フレンチプレスの抽出方法

最後にフレンチプレスの抽出方法についてみていきます。

フレンチプレは先ほどの二種類の抽出方法のうち『浸漬式』による抽出になります。

コーヒーの粉にお湯を注いで後は待つだけといった抽出方法です。

粒度によって味や香りが変化しますが抽出時間を一定にすれば安定して誰でも同じ味になる為、失敗の少ないのが大きな利点です。

お湯を注ぐだけなので初心者の方にもお勧めの抽出方法になっています。

こうした技量による差がないので、コーヒー豆の品評をする際のカッピングにもこの「浸漬式」が採用されています。

まとめ

このように色々なコーヒーの種類がありますが、結局のところ大きく分けてこの「透過式」か「浸漬式」のどちらかの方法で抽出されたものかという違いになります。

この違いを頭に入れておくだけでも、

次にコーヒーを飲む際にまた少し違った視点で見えてくるものがあるかもしれません。

それではこのブログでは他にも色々なコーヒーに関する記事を書いていますので、気になったら別記事も読んでいってみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

‹広告›

‹広告›

1,500以上のTV・雑誌で取材殺到の東京表参道のコーヒー豆

Follow me !